相続税の豆知識:相続税の債務控除

相続税の豆知識:相続税の債務控除

相続税というのは、相続した資産に対して課されるものなのですが、この資産というのはプラスのものばかりではなくてマイナスのものもあります。マイナスの資産については、プラスの資産から差し引くということになるのです。

 

 

 

具体的には、3000万円の資産があって、そして借金が1000万円あれば、相続税は2000万円に対して計算されるということになります。このように、差し引かれる部分を債務控除と呼びます。

 

 

 

債務というのは、借金などのように、支払わなければならないものだといえるでしょう。これらを把握することによって、課税対象となる金額を小さくする事ができ、それによって納めるべき税金の金額を抑える事ができるのです。ですから、これを把握しておくということは非常に重要なことだといえるでしょう。

 

 

 

では、どのようなものが債務控除の対象となるのでしょうか。まず、葬儀費用は債務控除の対象となります。葬儀費用の金額を明確に示すためには領収書が必要となります。それ以外には支払わなければならないものがあれば債務控除の対象となるのです。

 

 

 

例えば、銀行などの金融機関で借り入れをしていた場合には、その借り入れ資金も債務控除の対象となりますし、支払っていない利息があれば、これも対象となります。

 

 

 

そのほかにも、医療費などを支払っていなかったり、あるいは税金の未納があった場合には、これらも控除の対象となるのです。相続税の申請をするときには、控除となるものが何なのかということを把握しておく必要があるのです。"