医療費を支払ったら

医療費を支払ったら

納税者、または生計を一つにする配偶者やその他の親族の為に医療費を支払った場合は、最高200万円まで医療費控除の対象となります。

 

 

 

その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費で、基本的に医療費控除の対象になる金額は実際に払った金額から、保険金などの支払いと10万円、もしくはその年の総所得金額が200万円以下の場合は、総所得金額の5パーセントの金額をあわせた分を差し引いた金額です。

 

 

 

医療費控除に関する事項を記載して、確定申告が必要になります。出産など妊娠がわかってから、検査代金や通院代金は医療費控除の対象となりますが、健康保険組合や共済組合からの出産一時金や家族出産育児一時金は医療費控除の額を計算するときに差し引くことになります。

 

 

 

基本的に医師、また歯科医師による診察や治療全般かかった費用にこの医療費控除は使うことができますが、審美歯科などの容貌を美化するものに対しては医療費控除はありません。もちろん整形手術はこの適用ではないですが、視力矯正のレーシックに関しては医療費控除が認められます。

 

 

 

マッサージや鍼灸にしても、医師が医療行為として必要と判断した場合は控除対象になりますが、疲れをほぐしたり、体調を整えるなどの場合で用いられる場合は、控除対象にはならないので注意してください。

 

 

 

それぞれ個別のケースがあるので、もし困った時は所轄の税務署、もしくは税理士などに相談してみてください。医療費もしっかり控除されればだいぶ還付金も戻ってくるはずです。