キャッシュフローは家計簿!?

キャッシュフローは家計簿!?

会社経営が上手くいくということは儲けが出ているということです。しかし実際、儲けが出るまでにはかなりの努力が必要となるかと思います。特に会社経営者にとっては倒産しない為にもどうしたらいいのか、少しでも利益を出すためにはどうしたらいいのかを考えます。

 

 

 

では想像しやすいように家計に置き換えて考えてみましょう。家計での収入は給料となります。そして支出は家賃や食費、保険などの生活費です。当然のことですが、どんどん使ってしまえば収入の金額を超え、マイナスになってしまいますよね。家計の収支のバランスをきちんと把握するのであれば家計簿を付ける人が多いかと思います。

 

 

 

今では家計簿も種類がたくさんあり、迷うことも多いかと思いますがほとんどの場合、収入−支出で計算しますよね。その計算方法は、会社経営の為に使われているキャッシュフロー計算法と同じなのです。

 

 

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが普通の生活を送る上では必要のないことかと思います。ちなみにキャッシュフロー計算は、年始にあったお金から年末に手元に残っているお金や流れなどを把握するためにつけられる会社の家計簿的なようなものです。

 

 

 

種類も大きく分けると3種類あり、1番重要ともいえる営業キャッシュフロー、必要経費などが含まれている投資キャッシュフロー、そして財務キャッシュフローがあります。会社によっては営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを一緒にまとめるところもあるようです。