年金も所得

年金も所得

長く勤めた会社をリタイアし、年金で暮らせるようになったら、ようやくセカンドライフの始まりです。これからは年金の支給を受けながら、預貯金との様子をみて余裕をもってやっていこうと思っているのかもしれません。しかしこの公的年金は雑書得と考えられ、まったく課税されないというわけではないのです。

 

 

 

まるまる貰えると思っていた年金にもそれなりに課税されるということです。でもこの課税の割合は、金額によっても左右されるので、あまり支給が多くない場合はほぼ全額控除されます。

 

 

 

この雑所得となる公的年金は、国民年金、厚生年金、そして共済年金。それから過去の勤務によって会社などから支払われる年金や、外国の法令に基づく保険や共済によるもので、共済制度や社会保険によるものが該当します。

 

 

 

課税所得については、65歳未満と65歳以上で異なります。計算の仕方は、公的年金等の収入金額に、その金額によって決められた割合をかけて、それで算出した数字から決められている控除額を差し引いて計算することになっています。

 

 

 

公的年金に係る雑書得の金額から所得控除を差し引いた場合、残額が出ることがあります。そのような場合には、確定申告で税額を計算することになります。

 

 

 

また、もし公的年金ではなく、個人年金保険契約による年金の課税関係は、その年金を受け取る人がだれであるのかで課税関係がかわってきます。詳しくは国税庁のホームページで確認してください。年金もまったく無税と言う訳ではないのです。