民主党のこども手当

事業主や会社を退職した人は

所得税は一年間の収入を確定申告によって申告しなければなりません。会社員などの給与所得者の場合は源泉徴収などによって手続きを行なってくれるので申告は不要となります。

 

 

 

しかし、給与所得以外の収入があった時や、住宅をローンで購入したり、高額な医療費を支払った場合は個人で申告を行なうことになります。また給与収入が2000万円を超えた時は確定申告が必要です。

 

 

 

事業主や会社を退職した人は、個人で確定申告をしなければなりません。所得税の確定申告は、課税対象年の翌年の2月16日から3月15日の期間にもよりの税務署で申告します。

 

 

 

その後、郵送されてくる所得税の納付書で納税します。その期間には各税務署などに相談窓口が設置されていますので利用すると良いでしょう。

 

 

 

確定申告により、思わぬ還付を受ける場合もあるので、日頃から医療費などの領収書は大切に保管するように心がけたいものです。