サラリーマンと確定申告

サラリーマンと確定申告

サラリーマンの人は、通常は会社の方で税金についての処理は実施されています。ですから、税務署に春先に行って、確定申告の手続きをする必要は、原則ありません。しかしサラリーマンのような給与所得者でも一部、確定申告の必要がある人もいます。

 

 

 

まず給与所得が年収で2000万円を超えている人は、確定申告を行う必要があります。また給与所得のほかにも、副業などをしていて、ほかからも収入を得ている人も、確定申告をしないといけません。しかしすべての人ではなく、年間の給与収入以外の所得が20万円を超える場合に、確定申告の対象になります。

 

 

 

また同族会社の親族の人も、確定申告をしないといけなくなる可能性があります。同族会社から、貸付金の利子や店舗もしくは工場などの賃貸料、機械などの使用料を受け取っている人は、確定申告で、その部分の所得と所得税額を確定する必要があります。

 

 

 

サラリーマンは確定申告と縁がないように思われますが、一部確定申告をしないといけないのです。